LINE@登録でコミュニケーション力を測定してみよう

LINE@登録であなたのコミュニケーション力を測定してみよう

宅録ナレーションに必要な機材とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Shuri Miyasaka
アナウンサー歴20年以上。東京・関東を中心に「稼ぐ話術」のコンサルタントとして、自己紹介やコミュニケーションに関するセミナーを開催しています。 趣味は韓国ドラマを観る事。韓国ドラマを観すぎて今では韓国語で値切り交渉も可能なレベルに。
詳しいプロフィールはこちら

いつもありがとうございます!宮坂珠理です。
今日は「宅録」に必要な機材についてのお話です。

そもそも宅録って?

宅録とは、自宅で音楽やナレーションを収録し、音声ファイルをクライアントさんに納品するお仕事のことです。

宅録ナレーションという言葉、中々耳慣れない言葉かもしれませんね。確かに、アマゾンなどで「宅録」というキーワードで書籍を検索すると、自宅で音楽の収録をするための本がほとんどです。「ナレーション」を自宅で収録するという文化は日本ではまだあまり浸透していないためなのかもしれません。
通常日本では、ナレーターや声優、アナウンサーなどがナレーションスタジオに出向いて収録をするというスタイルが一般的です。ですが、実は海外ではプロのナレーターであっても自宅スタジオでナレーション収録をしてクライアントさんに納品するという事は珍しいことではありません。
私もアナウンサー時代やフリーになってからも、プロのスタジオでナレーション収録のお仕事をしてきました。局アナ時代や20代30代のころにはたくさんあった仕事の依頼も、残念ながら年齢を重ねるごとに無くなっていきました。
そんな時に出会ったのがこの「宅録」のお仕事だったのです。

ナレーションの技術はあっても、どちらかというと機械オンチで、パソコンの操作方法や機材のことなどの知識は一切なかったわたしですが、友人に教えていただいたり、実際に機材をいじくりながら覚えていきました。かなり時間はかかりましたが、おかげさまで今では宅録で十分な副収入を得ることが出来ています。
これから始める皆さんの中にも、私のように機械オンチの方がいらっしゃるかもしれませんが、セミナーを受講していただきますと、私のように苦労することなく、時間をかけることなく最速で宅録デビューが可能です^^
もちろん、このブログの内容も是非参考になさってくださいね!

 

宅録ナレーションに必要なもの

 

しゅり
さて!宅録を始めるためには、まず必要な機材をそろえる必要があります。
窓際族佐藤さん
ですよね?でも、プロの機材って高いんじゃないですか?
しゅり
そんなに高いものをそろえる必要はないですので大丈夫ですよ!

音声収録用の機材=プロ用のモノ=高い!
というイメージがあるかもしれませんが、宅録に必要なのはプロ仕様のものでなくても大丈夫ですのでご安心ください。
ですが、始めるにあたって、無いとお仕事が難しいものもあります。

宅録に必要な機材は次のとおりです。

1.レコーダー
2.オーディオインターフェイス
3.マイク
4.ヘッドフォン
5.パソコン(編集ソフト)

では、1つ1つどんなものか見ていきましょう。

レコーダーとは?

レコーダーとは音声を録音する機材のことです。こちらは、私が実際に使用している、「Zoom H4n」というレコーダーです。
この機材にメモリーカードを挿入し、写真の中の赤いRECボタンを押せば録音ができます。
この機材には当たり前ですがすでにマイクもついていますので(写真の上のシルバー部分がマイクです)簡単に録音が可能です。
アマゾンなどで購入が可能で、こちらの機材は私が購入した当時中古で15,000円程度でした。
このモデルは古いバージョンですが、現在これの進化版がH4n Proという種類で発売されています。お値段は2万円程度です。
宅録を始めるときに、知り合いにこちらの機材をおすすめされ、購入しましたが、ここまで高額なものでなくとも録音は可能です。
お店に行くと様々な種類のレコーダーがあるかとおもいますので、お店の方に目的を伝えて選んでもらうというのもアリですね!

オーディオインターフェイスについて

オーディオインターフェイスとは、こちらの写真のような機材のことです。
「オーディオ」=音 「インターフェイス」=接点 という意味で、マイクやエレキギターなどの楽器と、パソコンをつなげる役割を果たす機材のことです。
マイクオーディオインターフェイスパソコンというような感じで、間にこの機材をはさむことにより、マイクの音声をパソコンに取り込むことができます。
パソコンに直接マイクを差し込んではダメなのか?と思いがちですが、パソコンのマイク機能はあくまで会話を録音するとか、スカイプで問題なく会話できる程度の音質しか保証されません。つまり、ナレーションの音声を「商品」としてクライアントに提出するには全く向いていないのです。ですので、直接パソコンに音声を取り込むためには、こうした機材も必要となります。
ですが、私のようにレコーダーで録音する場合はこの機材は必要ありません。

 

マイクについて

レコーダーにはマイクがついているので必要ありませんが、オーディオインターフェイスを使う場合はマイクも必要となります。
マイクには上のような2種類があり、それぞれ特徴が違います。

特徴 おすすめシーン 価格
ダイナミックマイク ノイズをあまり拾わない

電源を必要としない

耐久性に優れている

カラオケボックス

演説

全体的な音を拾いたいとき

数千円から2.3万円程度
コンデンサーマイク 感度が高く、幅広い周波数の音を拾う事ができる

電源供給が必要

湿気などに弱く、取扱いが難しい

高音質の録音

自然音など繊細な音を収録する時

1万円以下のものから数十万円のものまで幅広い

プロの収録スタジオでは完璧な防音環境が整っていますので、コンデンサーマイクがつかわれている場合が多いですね。ですが、自宅などでの宅録ナレーションの場合は、車が通る音など周りの必要ない音まで拾ってしまいやすいので、スタジオ並みに環境が整っていないのであれば、コンデンサーマイクのほうがいいかもしれません。

 

ヘッドフォンについて

こちらはナレーション収録や編集作業には絶対に欠かせないアイテムです。こちらは私も使用しているもので、オーディオテクニカのプロフェッショナルモニターヘッドフォン ATH-M20xです。
ヘッドフォンには、モニターヘッドフォンとリスニングヘッドフォンの2種類があります。リスニングヘッドフォンは、みなさんが普段音楽や動画などを見るときに使うヘッドフォンで、主に音楽や音声を心地よくに聞くためのものです。
一方でモニターヘッドフォンとは、音の変化などををモニタリングする目的のものです。ノイズなどを聞き取ったり、反響音が無いかなどを確認するために使用します。
宅録ナレーションで一番気を付けなければならないなのは、ノイズの除去や、反響音などの音質に影響を与えるものですので、収録した音声をこのようなヘッドフォンで聞き返して音の微細な変化を確認する必要があります。

 

音声編集ソフトについて

最後に音声編集ソフトです。私が普段使用しているのが上記の2種類、いずれも無料で使えます。
パソコンにこうした音声編集ソフトを入れて、このソフトでノイズの除去や、間違えてしまった所を削ったり、バックミュージックを加えるなどの作業をすることができます。

このように、宅録に必要な機材はいくつかありますが、それぞれそんなに高価なものは必要ありません。最初は最低限の機材でOK!
私も最初は本当に宅録がお金になるのか分からなかったのであまり初期投資をしたくありませんでした(笑)
ですので、レコーダーも中古で購入していますし、ヘッドフォンなどもネット通販のポイントを上手く利用して安く購入したりしました。
レコーダーなど一式購入しても、2万円弱ぐらいです。
宅録機材は、仕事を始めるのには絶対に必要ですが、高価なものは全く必要ありませんよ!

 

 

あなたは何タイプ?
LINE@登録で、あなたのコミュニケーションタイプを診断いたします。
コミュニケーション診断

この記事を書いている人 - WRITER -
Shuri Miyasaka
アナウンサー歴20年以上。東京・関東を中心に「稼ぐ話術」のコンサルタントとして、自己紹介やコミュニケーションに関するセミナーを開催しています。 趣味は韓国ドラマを観る事。韓国ドラマを観すぎて今では韓国語で値切り交渉も可能なレベルに。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© OFFICE・SHURI , 2019 All Rights Reserved.